コロナウイルスと離婚

1.コロナと裁判所の状況(名古屋・愛知県内の裁判所。令和2年4月から6月にかけて)

 

まず4月、緊急事態宣言を受け,名古屋・愛知県内の裁判所で予定されていた調停・裁判期日の大半が、一斉に延期となりました。当事務所にも裁判所の各部署から続々と中止・延期の電話がかかってきました。

しかし、現時点(令和2年6月)では解除宣言もあり、延期後の期日について徐々に調整・決定がされています。

裁判所も、4月から5月頃までは職員の出勤人数を減らしていたようで、通常時と比べて連絡に混乱が生じていたこもありましたが、これも落ち着いたようです。

 

現在、ご自身で離婚調停をされている方や、これから自分で調停を申立てる予定の方は、裁判所が動いているか不安だったかもしれませんが、問題はなさそうです。

 

 

2.外出自粛中に離婚問題・DVやモラハラが発生

 

緊急事態宣言が出されていた頃、コロナウイルスのため自宅で過ごす時間が増えた結果、仲が深まる夫婦もあれば、険悪化してしまった夫婦もおられます(実際、当事務所でも相談が増えています)。

 

ただでさえ、急に長時間一緒に過ごすとケンカになりやすいものですが、今回はウイルスにかかってしまう危険の不安、予防対策についてのそれぞれの温度差、外出や遊びができないストレス、子どもが遊べないストレスや退屈で暴れる、休業による収入減・失業危機など、夫婦がマイナスの精神状態になる要素が多数あります。

 

そのため、夫婦の対立が深刻化したり、モラハラやDVが発生・エスカレートしやすくなってしまうのです。また他人と会う機会が限られ、悩みを聞いてもらえる場が減ったことも、より家庭内の問題を深刻化させてしまうでしょう。

 

 

3.再構築できるか

 

「緊急時に、人は本来の姿を表す」とも言われます。

普段はある程度取り繕うことができるが、「いざ」という瞬間にこそ、真の姿を見せるということだと思います。

コロナがやや落ち着いたいまだからこそ、険悪化してしまった夫婦関係を、もう一度再構築することができるか、それとももう、一生のパートナーとして過ごすことはできないのか、冷静に関係を考えるときかもしれません。

 

 

4.モラハラ・DVには客観的視点を

 

これまでモラハラ・DV案件に携わってきて感じることですが、被害者の方はパートナーから、精神的にコントロールされてしまっています。

客観的にみたらおかしい・明らかに理不尽とわかる相手の批判や罵倒を、真剣に受け止めてしまい、「自分のほうが悪いのでは」と思い込んでしまうのです。

特に、これまでの外出自粛期間中に、家庭という閉じた環境で過ごし続けた結果、そのコントロールされた関係がより悪化する危険もあります。

 

そのため、客観的かつ、正確な知識に基づいた相談を受けることが重要なのです。

特に現在ではネットに情報が溢れているため、モラハラで弱った精神状態では、正否不明な情報に振り回され、より混乱したり、間違った思い込みにとらわれてしまいがちです。

これを防ぐためにも、時間をとって、専門家にしっかりとあなたの話を聞いてもらうべきです。

パートナーのモラハラ言動で精神的に追い詰められてしまっている方は、弁護士の法律相談で、違う視点が開けるかもしれません。

一度、新たな見通しを探してみませんか。

 

  解決事例を見る