財産分与を弁護士に依頼するメリット

1 財産分与は複雑

預金、不動産、保険、退職金、家具、、、

財産を多くお持ちの方であるほど、財産分与は複雑化し、検討すべきことが多くなります。

 

ポイントはいくつかあり、

 

・「財産分与の対象とすべきか」の争い(退職金など)

上記と重なりますが

・「特有財産か」の争い( =結婚前からの財産や夫婦間の協力とは関係なく得た財産で、財産分与の対象とはならない。)

・「金額評価」の争い(不動産などの価値)

・財産の存在自体についての争い

(相手方が財産を隠している、逆に相手から「他にも口座があるのにお前は隠してる!」と疑われるなど)

これらの点から、財産分与の交渉は複雑になります。

 

2 弁護士だからわかること。

経験のある弁護士であれば、そもそも「財産」とはどのようなものがあるか・何をどう調べればいいか・今後争いになりそうな点はなにかがわかります。

 

特に、離婚を検討中の方は別居も予定していると思いますが、別居後は相手方の財産・お金の流れの把握が困難になります。

そのため、別居前に少なくとも相談だけでも弁護士にしておけば、財産分与で不当な損をすることを防げます。

 

3 調停委員も財産分与は難しい

上でも述べましたような財産分与は複雑であり、争点も多数あります。

そのため、話合いがまとまらず離婚調停になった場合に、間に入る調停委員の方も判断に迷ったり、ごくまれにですが不正確な知識で財産分与の意見を述べる方もいます。

 

この点、経験豊富な弁護士であれば、調停委員の不正確さをきちんと根拠をもって示すことができ、不利な内容で財産分与の合意をしてしまうリスクを回避できます。

 

また、相手方にのみ弁護士が就いている場合、相手方弁護士が財産分与について強硬に、一方的すぎる案を書面や資料をつけて主張されると、調停委員は法律の専門家ではないため、どうしても押されてしまいます。

 

この点も弁護士であれば、相手方の弁護士に対しても正確に反論できます。

 

4 心の負担を軽くし、新生活の準備を

ただでさえ、離婚を決意するまでの心労で大変な中、財産分与については細かい資料や計算が必要となります。

これらをすべて一人で正確にこなし、さらには相手方との交渉までするとなると、神経がもたなくなってしまいます。

この点も専門家であれば、資料と正確な計算に基づき、交渉のゴール地点を見極めた上で、冷静に戦略を練ることができます。

 

心の負担を軽くし、離婚という人生の再スタートに向けて、前向きに進みましょう。

  解決事例を見る