不貞(不倫・浮気)行為を勤務先や家族に知られたくない

不貞(不倫・浮気)行為が発覚してしまった場合、請求される可能性のある慰謝料の金額よりも、それ以外の問題を気にされる方も多いのではないでしょうか。
勤務先やご自身のご家族に、不貞の事実を知られてしまうと、金銭面以上の多大なるダメージを負うことは間違いありません。

 

ご存知の通り、不貞は重大な違法な行為であり、慰謝料請求の対象であるだけでなく、離婚原因にもなります。万が一、職場に知られてしまったら、会社での評価を落とすだけでなく、最悪の場合には離職を選ぶことになるかもしれません。

 

不貞行為が職場の人に広まらないようにするためにも、相手方配偶者の感情に配慮をすることがとても大切です。相手方は配偶者に裏切られたと感じ、怒りや悲しみといった様々な感情を抱えています。そのような場合、「謝罪をしてほしい」、「不貞行為の相手側に対して慰謝料を請求したい」、「社会的な地位を落とし、見世物にしたい」といった感情から、気を紛らわせたり、満足した気持ちを求めたりします。

 

そうした相手に、例えば「嘘をついて誤魔化す」、「反論する(不倫をしたのはあなたのせいだ、というように)」といった行動は、感情を逆撫でするだけであり、逆効果になってしますことがあります。

 

もし不貞の事実に間違いがないのであれば、まずは丁寧に謝罪する事が大切です。その後、裁判沙汰にならない、問題が大きく広まらないよう、真摯な発言・対応を心がけ、話し合いによる解決を目指すべきです。

 

相手方と話し合いをする際には、交渉の専門家である、弁護士に代理交渉を依頼することをおすすめいたします。当事者間での話し合いの場合、感情のもつれで本質的な話し合いができなかったり、怒りの感情から周囲にバラされたりといった可能性も高まります。

 

まずは実績のある弁護士にご相談ください。

 
052-218-7360 受付 平日9:00~19:00(土日祝応相談) メールでの相談予約は24時間受付中!