うちの夫はモラハラ? モラハラ夫の具体例

目次

1.夫のモラハラの具体例

2.モラハラ男性の傾向

 

 

夫のモラハラの具体例

当事務所でこれまでに受任・相談した案件の中から、モラハラ男性の具体例を示します(実際の事例を多少改変しています)。

 

特徴的なものをあげていますが、モラハラのパターンは多岐にわたりますのでこれら以外にも「モラハラ」といえる言動はあります。

 

 

Aさん

・子どもの成績が悪いと夫が妻を「お前が悪い」「受験に失敗したらお前の責任だ!」と子の前で怒る(夫は高学歴で社会的地位も高い)

・夫婦げんかになると「俺が買った家に住むな」「俺が買った車にも乗るな」と言われる

 

 

Bさん(フルタイムで共働き)

・「お前(妻)の仕事なんて社会になんの意味もない、同僚も質が低い」と言われる

・気に入らないことがあると、共働きだが夫は家事育児を一切しなくなる

・「お前の親は自分の娘に一体どういう教育したんだよ!」と言われる

・子の前でペットボトルや雑誌を八つ当たりで床に叩きつける

 

 

Cさん

・夫婦喧嘩になると夫から脅迫的なLINEのメッセージが何十通も連続で届く

・記憶違い・聞き間違いレベルの事で数十分も本気で怒り続ける

・「お前の親の遺伝子が子どもに悪影響になってる」と言われる

 

 

Dさん

・妻の両親のことを子の前で「あのジジイども・ババアども」呼ばわりする

・外出時に不機嫌になると妻のフルネームをわざと大声で言って周囲に聞かせる

・食事の際に妻が調味料を切らしていただけで怒り続ける

・軽くではあるが妻の胸倉をつかみ上げて怒る

 

 

Eさん

・妻の料理が気に入らないと「全部作り直せ」「弁当を今すぐ買ってこい」と言う

・「お前よりもうちの母親のほうが子育てがうまい」と言われる

・夫の親と妻とで言い合いがあると「俺の親に謝ってくるまで家に帰るな」と玄関のチェーンロックを外さない

 

 

以上、「モラハラ」行為のみを挙げましたが、これらの中にはDVに発展したケースもあります。

モラハラ男性の傾向

モラハラ男性の傾向としては

・社会的地位が高い,仕事で成功している等のプライドの高さが,妻への見下しになっている

・夫が自分の両親を誇りに思う気持ちが強く,「自分の親が正しくて妻や妻の親が間違っている」という意識に固まっている

・自分が「モラハラをしている」という自覚はなく、「相手が悪いのだから当然」との意識がある

・気分によっては優しい時もあり、気持ちに波がある

といったものがあります。

 

あなたの夫がもし、これらの例と似たようなことをしていたら、とりあえず夫の言動についてメモや日記をつけておくだけでも、後で役に立つかもしれません。

 

モラハラをしてしまうタイプの人は「自分が正しい」と思い込んでいるため、あなたが本気で行動を起こさない限り、変わることが難しいです。

心や身体が壊れてしまわないうちに、いまできる行動を探してみましょう。

  解決事例を見る