夫のモラハラにより妻が離婚を決意し子を連れて別居、妻が離婚調停を提起して離婚成立・調停で養育費も合意した例

依頼者 30代女性(主婦)

相手方 40代男性(会社員)

 

 

相談の経緯

夫は婚姻前から急に怒り出すことがあったそうですが、二人目の子が産まれた以降それがひどくなり、子の前で数十分間も妻や妻の親を罵り続ける、夫婦げんかになると妻に謝罪を脅迫的に要求するなど、モラハラ傾向にあったそうです。

夫のモラハラは改善せず、妻は毎日の生活に耐えきれなくなり、離婚を決意し、子ども達を連れて別居しました。

別居後、妻は自分で離婚の話合いを夫にしましたが、夫が離婚を拒否したため、相談に来られました。

 

当事務所の活動

相手方の離婚拒否の意思が強いため、早期の離婚成立には調停をすべきと判断し、家庭裁判所に離婚調停を申立ました。

 

調停でも相手方は離婚を拒否していたので、これまでの暴言や脅迫的発言について、時系列に沿って書面で詳しく主張し、もうやり直すことはできないと強調しました。

 

結果

離婚自体について争いがあったので、約8か月経過しましたが、最後は調停で、離婚と子ども二人ともの親権を依頼者とすることで合意し、養育費や財産分与も依頼者の希望に近い金額で成立できました。

 

ポイント、所感

モラハラ加害者の特徴ですが、それまで相手へのひどい侮辱を続けておきながら、相手が本気で離婚を求めると、離婚だけは頑なに拒否するというパターンがあります。

 

そこで、モラハラが改善されればよかったのかもしれませんが、離婚を拒否する際の話合いでも、高圧的・侮蔑的な態度は変わらなかったそうです。

 

通常であれば、そのような態度を取れば相手はやり直しどころか、ますます離婚したいと感じると予想できるはずですが、モラハラ加害者側も、感覚が麻痺しているのかもしれません。

 

夫・妻のモラハラに耐えすぎると、精神はもちろん身体にも不調が出ることがあります。

 

別居・離婚の決意は大変ですが、専門家の助力を得て、調停という公的機関も利用すれば、相手の態度に怯えるような毎日から、決別できると思います。

関連記事はこちらをご覧ください。

  解決事例を見る