相談から2か月で公正証書の作成に至り、妻側の希望する条件での協議離婚が成立した事例

依頼者 40代 女性 パート
相手方 50代 男性 会社員

子ども 3人(成人)

相談の経緯

夫の金銭トラブルで、妻が離婚をしたいと相談にこられました。夫はこれまでにも妻に借金したり、妻側の親族の金銭を使い込んだりしていました。そのため、妻が離婚と離婚条件の相談を当事務所にされました。

妻としては、夫名義の持ち家に住み続けたいとの希望があるものの、まだ住宅ローンもかなり残っていました。

当事務所の活動

妻と条件面について、協議を重ねながら協議離婚書の作成を行い、夫との交渉方法等もアドバイスしました。

 

結果

協議離婚が成立し、協議離婚書については、公正証書にしました。

条件の内容としては、

① 妻が慰謝料として10数年間、自宅に無償で居住すること

② 住宅ローンについては、これまでどおり夫が支払うこと

③ 夫に退職金が支給されたら、一定額を財産分与として支払うこと

を取り決めしました。

また、夫の妻への借金についても、公正証書にして分割弁済を約束させることが出来ました。

ポイント、所感

夫に負い目があったためなのか、ほぼ妻側の希望する条件での協議離婚が成立しました。

上記の条件内容はざっくりと記載していますが、実際は公正証書にしておりますので、細部にわたり詳細な条項を定めています。相談から2か月で公正証書の作成にまだ至りました。

 
052-218-7360 受付 平日9:00~19:00(土日祝応相談) メールでの相談予約は24時間受付中!