緊急で調停申立を行い、依頼者の希望どおり、財産分与と年金分割の各調停が成立した事例

依頼者 50代 女性 パート
相手方 50代 男性 会社員

子ども 1人(成人)

相談の経緯

既に協議離婚から約2年が経過しようとする頃に、年金分割と財産分与について請求できるかについて、ご相談にこられました。

なお、夫に性暴力を振るわれたこともあるため、話し合いが到底できないとのことでした。また、古いタイプの夫で、話し合ったところで自分の財産を渡すとは思えないとのことでした。

当事務所の活動

財産分与と年金分割の調停の申立をそれぞれ行いました。

結果

ほぼ依頼者の希望どおり、財産分与と年金分割の各調停がそれぞれ成立しました(調停2回目)。

ポイント、所感

相談時に財産分与の時効(除斥期間・離婚成立時から2年)があと僅かという状態でしたので、緊急で調停申立をしました。あと少し相談が遅ければ、時効を盾に請求ができなくなるところでした。

年金分割の按分割合は0.5で合意をしました。婚姻期間が30年以上と長く、按分割合にも大きな差があったため、年金という老後の生活資金を確保したことは大きな意義があったと思います。

 
052-218-7360 受付 平日9:00~19:00(土日祝応相談) メールでの相談予約は24時間受付中!