不貞相手に対する慰謝料請求の事例

依頼者 20代女性(会社員・子ども1人)

相手方 30代女性(会社員)

 

相談の経緯

相談者女性は偶然、夫が不貞を続けていたことを発見しました。

 

その後悩んだ末に、夫とは離婚を前提に別居し、同時に不貞相手の女性に対し、自身で慰謝料請求の交渉をしました。その結果、「慰謝料180万円を支払う」内容の合意が相手方女性との間で成立し、相談者で作成した合意書面にも,互いに署名捺印しました。

 

しかし、約束の支払期日を過ぎても相手方からは入金がなく、さらに相手方からは、「詳しい人に聞いたら180万円は高すぎて無効になるそうです。」との連絡がきたということでした。

相談者は困り、ご相談にこられました。

 

当事務所の活動

まず、依頼者から経緯等を聞き取りし、180万円の合意書に問題はなく、有効であると判断しました。

 

その上で相手方に対し、弁護士名での書面で、「本件において合意書は法的に有効であり、約束通り180万円の支払いを請求する」内容を説明する通知を発送しました。

 

通知発送以降、相手方から当事務所に連絡があり、合意の有効性については当方から再度、口頭でも冷静に説明しました。

相手方も納得していたようでした。

 

結果

支払い時期について相手方から要望があり、まず100万円、翌月に80万円が支払われ、当職の通知発送後から約4か月後に、全額の回収ができました。

 

依頼者としても、期日は先になりましたが合意通りの結果となり、既に一度解決したと思っていた相手方女性との紛争が、長期化を避けることができ、よかったのではと思います。

 

ポイント、所感

相手方が当初主張していた、「高額だから無効だ」ですが、現代はインターネット上等で、弁護士含め様々な意見・事例が掲載され、見る人にとっては自分に有利な情報にも、不利な情報にも接することができます。

 

そのため、そもそも前提事実が異なっているケースや、例外的事情が存在した場合の話を、自己に有利な部分のみを取り上げて、主張をしてくる相手方もいます(もちろん場合によっては、実際に合意の無効を争うべきこともあります)。

 

この点、ご自身で交渉をされている方は、相手方から例えば、「弁護士に相談したらこう言われてた」「ネットではこう書いてあった」と主張されると、真偽はともかく、不安になってしまうと思います。

 

この点も、落ち着いて専門家の相談を受ければ、相手方の主張がご自身の紛争に該当するケースなのかどうかを、冷静に理解し、対応を考えることができます。

 

相手方との交渉で不安を感じている方は、一度専門家の相談を受けて、正確な情報をつかんで下さい。

関連記事はこちらをご覧ください。

  解決事例を見る