夫のモラハラ及びDVにより妻が子を連れて別居、妻が離婚調停を申立し,親権で争うも5か月で離婚成立,親権も獲得した例

依頼者 20代女性(主婦)

相手方 30代男性(会社員)

子ども 2名

 

相談の経緯

妻の妊娠以降、夫が些細な事で急に怒鳴りだす、物に八つ当たりするなど、モラハラが始まったそうです。

 

やがてエスカレートし、夫がモノを投げつけてくる、妻を蹴るなどのDVもされたそうです。

 

一度、互いの両親を呼んでの話合いも持ったそうですが、その後にもDVがあり、妻は限界を感じ離婚を決意。子ども達を連れて別居しました。

 

夫が、「親権が取れないなら離婚しない」という意見であったため、相談に来られました。

 

当事務所の活動

相手方の意見から任意での協議は難しいと考え、家庭裁判所に離婚調停を申立ました。

 

調停でも相手方は子ども達の親権と、多数の面会交流を主張していました。

 

当方はこれまでの相手のDVについて、証拠の写真も含めて書面で詳細に主張し、モラハラから暴力へとエスカレートした点、DVが直らない点を強調し、依頼者が親権者として適切であると主張しました。

 

結果

夫は当初は「離婚に反対、もし離婚なら親権」と主張していましたが、当方がある程度幅を持たせた子との面会案を提示したことから、離婚、親権は母で合意し、養育費も適正な金額で調停が成立しました。

 

 

依頼から終了までは約5か月です。

 

ポイント、所感

DV加害者にしばしばみられますが、暴力を振るったことを反省せず、むしろ「お前が俺を追い詰めたから手を出すしかなかった」と正当化することがあります。

このタイプの加害者は自分が悪いという自覚がないため、その後も暴力が続く可能性が高いです。

 

今回は調停の当初から、証拠も示して相手方の暴力を詳しく主張したことが、早期の調停成立につながったと思います。

 

モラハラからDVにエスカレート、さらにDVの内容もエスカレートする危険もあります。

 

もし、自分のパートナーにそのような傾向があって悩まれている方は、一度専門家の話を聞いてみて、自分にどのような選択肢があるのかを確認してみるだけも、心の安定につながると思います。

関連記事はこちらをご覧ください。

  解決事例を見る