協議離婚書を作成の上、モラハラの夫との離婚を依頼から3ヶ月間で成立した事例

依頼者 50代 女性 主婦

相手方 50代 男性 パート
子ども 2名(未成年)

 

相談の経緯

依頼者である妻の方から、夫の精神的虐待(モラハラ)を理由に離婚を希望されました。

ただし、精神的虐待といっても、上から押さえつけるものではなく、自分が気に入らないと些細な嫌がらせをしたり、無関心な態度をとったりする、やや幼児性を感じさせるものでした。

また、お子さんと夫の仲が悪く、お子さんも離婚を勧めており、やや特殊でした。

依頼者である妻は、過去に何度か離婚の話を夫にしたようですが、夫は真剣には取りあわず、離婚する気はないようだとのことで、相談にこられました。

 

当事務所の活動

当事務所では、妻の離婚の話し合いを背後から前面的にサポートしました。

具体的には、離婚の切り出し方、交渉の進め方・内容を都度アドバイスさせて頂きました。離婚の条件面は書面化し、夫に提示することによって、夫にとっても真剣に考える契機となりました。夫自身もその後、条件面を書面で修正・提示するなどしたため、当方もそれに合わせて即時に再修正等をし、スピード感のある協議進行ができました。

また、財産面については、共有財産の資料を取りそろえ、1つずつ、財産の帰属や分け方についても検討しました。

結果

最初にご相談頂いときから、約3か月で協議離婚が成立しました。

協議離婚に際しては、当弁護士が協議離婚書を作成し、条件面を契約書にしました。

条件については、夫が譲歩しない部分も多かったため、依頼者の希望どおりとは行かない部分もありました。しかし、交渉過程の夫の頑なな態度等を目の当たりにし、依頼者である妻としては、改めて離婚して良かったと感じ、離婚が成立したことに安堵した様子でした。

ポイント、所感

50代となり、子育てが一段落したところで、離婚を考えるケースは少なくありません。

今回は、子ども達も離婚を望んでおり、そのことが依頼者の離婚の決意の後押しとなりました。

50代の離婚ともなれば、長年の婚姻生活で蓄積された財産がある場合が多く、他方で、住宅ローンはまだ完済していない方がほとんどです。そこで、住宅の帰属やローンの問題が生じる場合がほとんどです。
特にローンの問題は銀行との兼ね合いもあるので、実に悩ましく、難しい問題でもありますが、事案に応じて、リスクを説明しながら、最適な方法をご提案できるよう努力して参ります。

 
052-218-7360 受付 平日9:00~19:00(土日祝応相談) メールでの相談予約は24時間受付中!