妻の不倫相手を弁護士会照会によりナンバープレートから特定し、不貞の事実を認める書面に署名捺印、慰謝料180万円を獲得した例

依頼者 30代男性

相手方 30代男性

 

相談の経緯

 

妻の行動に不審な点があり、夫が自分で調査したところ、同じ男性と密会を何度かしていることがわかりました。ただし男性については自動車のナンバープレート以外にはあまり情報がなく、夫が相談に来られました。

 

当事務所の活動

 

不貞相手に対する慰謝料請求交渉について受任し、まず相手方を特定するためにナンバープレートから弁護士会照会制度(※)を利用し、自動車の所有者を特定しました。

結果、車の所有者の氏名が判明し、それが依頼者も名を聞いたことのある人物だったので不貞相手に間違いないと確信し、妻に問い質したところ不貞を認めたそうです。依頼者は悩んだ末に離婚を決意しました。

当事務所からは不貞相手の男性に弁護士名で慰謝料を請求する書面を通知しました。相手方も不貞自体は認め、金額交渉を続けました。

 

 

※「弁護士会照会制度」

弁護士が受任した事件について調査の必要がある場合に、所属する弁護士会(当事務所であれば愛知県弁護士会)を通じ、弁護士会が必要性・相当性について審査した上で、弁護士会から公私の団体に対して照会を掛け、回答を求める制度です。1案件につき数千円から1万円弱ほどの費用が掛かります。

本件では愛知運輸支局(国土交通省の機関)に対し、愛知県弁護士会からナンバープレートの登録番号で照会をかけ、自動車登録事項証明書の写しの交付を得ました。

 

結果

書面送付から約1か月で、計180万円を2回の分割で支払う合意が成立し、不貞の事実を認めた合意書面に相手方の署名・捺印を得ました。慰謝料も合意通りに全額無事に入金されました。

 

 

ポイント、所感

 

今回は弁護士会照会制度により判明した自動車の所有者が、不貞相手本人・かつ依頼者が名を知っている人物であったため、不貞相手の特定に至りました。仮に親族や会社の車を使用していたら他の手段が必要だったかもしれません。

弁護士会照会制度は有用な制度ですが、必ずしも有効な回答が得られることが保証されるものではないことはご注意下さい。

 

「パートナーが不貞をしていることはまず間違いないのに、相手がどこの誰か不明だから手段が取れない、、、下手に自分で動いたら隠されてしまうかも、、、」こうお悩みの方が多くおられます。

当事務所では信頼できる探偵事務所の紹介も可能です。

不貞をしてしまう方の中には、どんなに疑わしい状況を目撃されても「していない」と言い続ける方もいます。あなたの正当な権利を行使するためには、証拠集めも重要です。

自分はどう行動したらよいのか、一度専門家の話を聞くことによって、辛くても一歩すすめるきっかけになるかもしれません。

  解決事例を見る