粘り強い交渉の結果、依頼から3ヶ月間でモラハラ夫との離婚を成立できた事例

依頼者 40代 女性 パート

相手方 50代 男性 会社員

子ども 1名(未成年)

 

相談の経緯

依頼者である妻の方から、夫の精神的虐待(モラハラ)や、浪費、十分な生活費を渡さないとの理由で離婚を希望されました。生活費については、夫が管理し、財産状況を長年にわたり妻に明らかにしていませんでした。しかし、ある時、偶然にも夫の浪費が発覚したため、妻は将来に不安を抱き、離婚を決意しました。精神的虐待(モラハラ)や、浪費、十分な生活費を渡さないとうのは、女性から特に多い離婚理由です。

依頼者の妻は、「もう一緒にいたくない」との強い思いがありましたが、これまでに夫と離婚の話し合いをしたことがなく、果たして夫が突然の離婚要求を受け入れてくれるのか、冷静な話し合いができるのか、問題でした。

 

当事務所の活動

当事務所では、妻の離婚の話し合いを背後から前面的にサポートしました。

具体的には、離婚の切り出し方、タイミング、交渉の進め方を都度アドバイスさせて頂きました。また、離婚の条件面でも何度も依頼者と協議をし、詰めていきました。離婚の内容・条件面については、当事者双方が協議できるよう毎回、書面によって「見える化」し、議論の土台にして頂きました。

また、当初から簡単に上手くいかないことは分かっていましたので、その点もご説明し、粘り強く交渉して頂きました。ご依頼者様が交渉をされる度に、精神的にも強く・タフになっていく様子が伺え、当方としても頼もしく、これなら離婚後も大丈夫だと思えるものでした。

結果

最初にご相談頂いときから、約3か月半で協議離婚が成立しました。

協議離婚に際しては、当弁護士が協議離婚書を作成し、条件面を契約書にし、夫婦互いに署名・捺印しました。
条件については、夫は自宅から退去し、子どもが成人するまで、妻や子どもが無償で住むことや、その後は自宅を売却し、売却益を二人で分けることなどを取り決めすることができました。その他、細かい点の取り決めも条項にし、ステレオタイプではない協議書を作成しました。
妻としては、長年住み慣れた自宅で住み続けることができるというのは、子育てにおいても大きなメリットです。そこで、本件では、妻に他の条件より、まずその点に重点をおいて交渉して頂き、結果、最重要の希望の条件を得ることができました。

 

ポイント、所感

本件についても、当初から交渉がスムーズにいったわけではありません。

夫は当初、離婚を拒否していましたし、その後の条件面での交渉もなかなか上手くはいきませんでした。相手も離婚となれば、「もう金は払いたくない」「離婚後の自分の生活に支障のないようにできる限り有利な条件で別れたい」との心情になるのも理解はできます。

しかし、交渉の都度、依頼者とは当事務所で打ち合わせを繰り返し、お互いの条件をすり合わせ・調整していくごとに、一歩ずつ離婚に近づきました。また、依頼者自身も、本当に粘り強く交渉して頂きました。

最後は、子どものためにも、良い条件での解決になったと考えています。

 

なお、今回は依頼者自身に交渉を担当して頂き、当弁護士はそれをサポートする形をとりました。

離婚交渉においては、

 

① 「弁護士が代理人として交渉する形」

② 「依頼人が相手と直接交渉し、弁護士が背後でサポートする形」

 

の2つが考えられます。

 

このどちらが良いかは「ケースバイケース」です。

DV事案やモラハラが激しいケースでは、弁護士が代理人として交渉した方が絶対良いと思います。しかし、当事者間での話し合いが十分可能な場合に、弁護士が突然間に入ると、相手も心情的に頑なになり、かえって円滑にいかない場合も考えられます。また、費用面等の問題もあります。当事務所では,様々な点を考慮したうえで、最適な方法を提案できるように努めて参ります。

 
052-218-7360 受付 平日9:00~19:00(土日祝応相談) メールでの相談予約は24時間受付中!