自宅の財産分与と解決金50万円で調停離婚が4ヶ月で成立した事例

依頼者 60代 男性(嘱託勤務)

相手方 60代 女性(パート)

子ども 成人済み

主な争点 離婚原因(有責性の有無)、慰謝料・財産分与の額

 

相談の経緯

夫が家を出て別居して10年が経過。夫は既に別の女性とともに新たに住居を構え生活していました。別居期間中に、夫は弁護士をつけず、離婚調停を成立させようとしましたが、妻が離婚に同意せず不調に終わりました。

依頼者は、別居期間も10年を超え、この機に妻と離婚し、清算したいと離婚を強く希望されていました。弁護士会主催の相談会で私が担当し、受任に至りました。

 

夫としては、同居中の内縁の妻に財産を残したい気持ちもありました。また、夫は、自宅を別居してから使用しておらず、不要だったため、自宅を妻に渡すことで全て解決したいと考えていました。
妻は、離婚に反対し、離婚するのであれば、有責配偶者(不貞等)として高額な慰謝料と財産分与を請求していた事案です。離婚自体と離婚条件に大きな乖離がありました。

 

当事務所の活動

これまでの経緯や妻の性格上、協議での解決は難しいと考え、直ちに調停の申立を実施しました。

 

結果

自宅の財産分与と解決金50万円で、離婚が成立(調停回数3回)しました。

調停申立から4か月で解決できました。

 

ポイント、所感

主な争点は、離婚原因(夫の有責性の有無)や慰謝料・財産分与の額にありました。

夫は別居中に妻に生活費を支払っていないことや、有責の疑いなど不利益な点もありましたが、調停ではその議論に深入りせず、有責性は否定、解決策を積極的に提示して、解決を図りました。

その結果、妻は高額な請求を諦め、夫が希望した条件に多少の上乗せ(50万円)で解決が図れました。

 
052-218-7360 受付 平日9:00~19:00(土日祝応相談) メールでの相談予約は24時間受付中!