依頼から3ヶ月でDV夫から離婚し、親権の獲得、婚姻費用および養育費の支払いを調停条項として定めることができた事例

依頼者 20代 女性 アルバイト
相手方 20代 男性 派遣社員

子ども 1人

相談の経緯

婚姻期間は1年程度でしたが、夫からのDV(数回の暴行)があり、依頼者は離婚を希望して、ご相談にこられました。

夫は離婚に強く反対し、また精神的にかなり不安定な状態だったため、当事者間の話し合いでは解決が不可能として、弁護士の受任を希望されました。

当事務所の活動

離婚調停と婚姻費用分担の調停を申立てました。

夫は調停でも当初は離婚を強く反対していましたが,粘り強く交渉を継続しました。

結果

最後は夫も離婚に同意し、調停離婚が成立しました(調停3回目)。

妻が親権を獲得し、未払いの婚姻費用の支払いと、今後の養育費の取り決めを調停条項として定めることができました。

ポイント、所感

婚姻期間が短く、双方とも貯蓄もなかったため、財産分与、慰謝料などは問題とせず、早期の離婚での解決を目指しました。その結果、受任から3か月での離婚が成立しました。

 

養育費については、妻側は当初求めていませんでしたが、将来の子どものことを考え、取り決めした方が良いと勧め、その結果取り決めをすることができました。離婚後も数ヶ月、経過を見守りましたが、いずれも調停条項どおりの支払いが確認できました。

 
052-218-7360 受付 平日9:00~19:00(土日祝応相談) メールでの相談予約は24時間受付中!